木から流れ出るフランキンセンスの樹液

固体化したフランキンセンス

オマーン産フランキンセンスオイル

世界最高水準の品質です

 

フランキンセンス・オイル(乳香)は、一年中乾燥した酷暑のアラビア紅海沿岸に育つ、フランキンセンスの木から取れるエッセンシャルオイルです。

その木の樹皮に傷をつけると、中から樹液が流れ出、空気に触れると、石のように固くなります。それを水蒸気蒸留法で、液体化したものが、フランキンセンス・オイルと呼ばれる、エッセンシャル・オイルです。

 

フランキンセンスは、木の栽培が大変難しく、自生地でしか取れない、とても貴重な物質です。キリスト誕生物語にも出てくるフランキンセンスは、かつては金と同じ重さで取引されるほど高価なものでした。

 

フランキンセンスの香りには、深く豊かなリラックス効果があり、単体で使われるほか、化粧品、香水の成分として、広く使われています。

とりわけ、オマーン産のフランキンセンスは、その質の高さから、世界最高のフランキンセンスとの評価が定着しています。

​容量:30ml

©2018K&K Medical Machinery Int'l